2016_12
30
(Fri)16:47

年末の衝動買い

■魔剣用グリップ
20161230_121551.jpg

武器:エーティル魔回避50
グリップ:魔回避15
背:ジョブマン30(来月作成予定)

数値を上げ難い、それもたった3箇所で95も上がるって結構ヤバイと思うんだけど。
履歴みるとHQグリップで500万とかお安い!って訳で衝動買い。
物理カット?なんでもかんでもカットして白様の仕事までカットしてはいけない。


スポンサーサイト
2016_06
22
(Wed)19:43

君は高見山を仲間にするのか?メッシを仲間にするのか?

休止中にも関わらず、何故か未だに一定数のアクセスがあるこのブログ。なにを期待しているのか推し量ることはできないので、適当に記事を更新。今回は魔導剣士の装備について。11休止してもネ実と幾つかの関連ブログは見てるんだけど、それをみて思うことがあったんよ。魔導剣士ってそんなにカット装備は必要ないんじゃね?



■ナイトと同じでは意味がない

盾といえばナイトが真っ先に比較対象に挙げられるよね。でも、敵対心・被ダメージ・HP・自己回復のどれをとっても盾に必要な要素はまるで魔導剣士じゃ歯が立たないじゃないっすか。ボクの身内にも居たけど、特に極まった装備のナイトだと、まるで魔導剣士が必要な要素がないぐらい一人で完結しちゃうのよね。色々試行錯誤してみたけど、これがボクが実戦から得た結論。昔ならば盾2枚構成がメジャーだったけど、現在は少人数攻略が基本になってるので、盾2枚というのは先ず選択肢から除外される。そーいう事情を考慮すると、盾第一候補ナイトから魔導剣士が居場所を奪うのには、どうしても魔導剣士じゃないとダメ!という何らかの特徴を持たないとダメな訳だよ。所謂現状は魔導剣士でもいいに過ぎないので、魔導剣士ではなくてはならないという話にしないと存在意義がないって訳だ。この辺りは散々過去に語った事。


■ナイトと同じ方向性で装備を選んでは意味がない

なので、魔導剣士がナイトと同じ方向性の装備、具体的にはHP・敵対心・カットを重視した装備を選択しても結局エセナイトにしかならなく、それでは魔導剣士の必要性が生まれない。カット装備は盾という役割を問わず普遍的に重視されるべき要素なのも事実なので、それを全否定する訳じゃない。だけど、少なくとも物理ダメージに関しては確実にナイトの土俵。ミシックを持っているのがなんら不思議でない現状だと物理ダメージを68%?だかそんぐらいカットして、なおそこから盾発動の可能性のあるナイトにその分野で戦いを望むのは、白鳳に一般人がマワシを装備して殴り合いを挑むのと同義。そんなことしたら張り手で即死だよ。それじゃあダメなんだ。白鳳に挑むにはこちらはエピオラトリーというマシンガンで武装するか、もしくは白鳳に殴り合いを挑むのではく、別の分野、例えばボクだったら囲碁で勝負しないといけない。一般人にはマシンガンを購入することはまず不可能なので、後者の自分の土俵(得意分野)で勝負することが必然となるわけだ。土俵が仮にサッカーだとする。サッカーをするには仲間が必要だ。この仲間がFF11でいう装備になるわけだ。いいか、もしサッカーという土俵で勝負するとき、君は誰でも助っ人を呼べるとする。この場合、誰を呼ぶか考えてみよう。ここで例えば白鳳の所属する相撲界の朝青龍・曙・高見山・高見盛(相撲知識皆無なので浮かびませんでした・・・)なんて呼ぶか?ナイトと同じ装備を選ぶとは、つまりそーいう相手の土俵の仲間を呼ぶということと同義だ。サッカーができるのが朝青龍ぐらいしか期待できないヤツらをよぶか?呼ぶならメッシ・クリロナ・ブスケツ・ブッフォンといった有名なサッカー選手を呼ぶだろ?当たり前だ。魔剣の装備も同じだ。相手と同じ装備を選んでいてはダメなんだよ。自分の土俵で勝負するならその土俵にあった装備を選ばないとダメだ。おk?我ながらなんと分かりやすい解説。


■魔導剣士の土俵で戦え

んじゃ、魔導剣士の土俵はどこにあるのか?と言われると魔法ダメージに強いっていうのが一般的回答。だけど、これははっきりいってズレている。魔法ダメージに強いのはイージスをもったナイト(魔法カット最大87%だっけ?)も同じこと。魔導剣士が本当の強みは魔法に対する耐性が段違いってところにある。要するに、レジストができる可能性がデカいってことだけど、この違いがイージスナイトと比較してどれだけ違うのか?は恐らく両ジョブを経験したものではないとわからない違いだと思う。イージスナイトは魔法87%カットという言葉だけでも「スゲー性能だな!どうせいつも10とか20のダメージなんだろ!?」と思うかもしれないが、現実的にダメージを食らえば300ダメージ程度くらうことも結構な頻度である。下手すれば500・600なんて数字もある始末。この数字を大きいか小さいかは個人の判断次第だけど、普通は結構痛いと感じるはず。だがしかし、魔導剣士ならレジストによってカットとか関係なく10とか5とかそんなダメージになる。レジストに失敗すればダメージをそのままくらうというリスクもあるが、そんなリスクを減らす為にこそ装備、つまりは属性アップ系装備が必要ということなんだよな。とりあえず休止直前に実験した事例を見てもらいたい。

(事例 その1 ウォンテッドのケルベロス的なヤツ)
20160423_233208.jpg

(実戦装備内容)
20160423_233140.jpg

カット装備はメインにせず、属性値アップ装備で耐火600にあげまくった状態。ストンスキンをしていればハナクソほじっていれば下手すると戦闘終了までスキンが残っているレベルだった。実戦のNMは勿論物理攻撃もあるんだけど、タゲはもう一人の盾のナイトさんにガッチリなので物理は全く食らわず安全に検証できたという訳だ!それはさておき、仮に物理攻撃を食らえば確かにダメージは痛い。そんなのは予想できる。ただし、魔法ダメージだけはどこまでいってもケアル不要な状況になっている。この戦闘で真っ当にタゲをとった場合、予想される被ダメージをトータルではナイトとどっこいどっこいじゃないのか?というのが当時の感想だった。実際この戦闘ではナイトはイージスを使っていたんだけど、魔法ダメージに関しては結構な頻度でケアルをもらっていたので負担は魔導剣士の比ではなかったはず。物理攻撃に関してもイージスとオハンの使い分けがムリな状況なので、イージス一本と考えても物理被ダメもミシック持ちであろうが相当のものだったはずだ。無論魔導剣士の被物理ダメージとは比較にならない程に軽度なのは当然だが。となると、仮にタゲが平等に分配された場合、魔導剣士がカット装備重視にしなくてもトータルで見ればヒーラーの負担は変わらないんじゃないか?むしろ、状態異常をレジストする可能性が魔導剣士にある分、下手をするとナイトのほうが負担になっていた可能性が十分ある。って訳だよ。実際ケルベルス系特有の麻痺にひっかかることも殆どなかったしな。となるとだ、この戦闘では魔導剣士盾のほうが実は有効だったんじゃないか?という疑惑が出る訳だ。あくまで疑惑段階だけど。それがナイトと同じ装備だったらどうだろうか?物理ダメージもくらう・魔法ダメージもレジストするんだがしないかの可能性が満載で物理と魔法共に介護が必要。そんなんだったら、魔法のダメージ絶対レジストするマンになったほうが面白くないかね?

面白くないという君は堅実志向派だな。なので、そっとこの記事を閉じてよし。それもまた一つの遊び方なんだ。装備なんてどれが正しいのか正解なんてない。「これはお前の物語だ」と有名なひとがいったが、まさにそれだ。自分で正しいと思う装備を選べばそれでいい。ただ、こーいう装備の選択もあるというだけの話。


■それでもダメならあきらめろ

ということで、ボク個人はカット装備よりも属性値アップ系の装備のほうがオススメしたい。ってかナイトと同じ装備じゃ面白くないしな。もしそれでレジストできない相手であれば、それこそイージスナイトの出番であって、魔剣に固執する必要はないと思うんだよね。この辺り、魔導剣士がイイ!!って聞くとなんでも魔導剣士で盾をするのがFF11ユーザーの悪い癖。さっさとジョブチェンジする融通さも魔導剣士ユーザーには必要だよ。逆もまた然りで、ナイトで対応できないなら魔剣も考慮してもいいはず。1つのジョブに捕らわれず、適材適所にジョブチェンジするべき。だからこそ装備は特徴を伸ばす特化装備であるべき思うんだが、どーかな?うちの固定メンバーはその辺りに理解があったので魔剣もちょくちょく出番があった。問題は魔剣ができるのが手抜き癖のあるボクしかいないということに尽きるが・・・


■状態異常装備は罠

注意するのは状態異常装備。これ、LSのFF11大百科辞典的な情報通のタルタル様から教えてもらったんだけど、装備での上限が物凄く低く設定(20だっけ?)されているようで、さらに状態異常をくらう確率もこれ以上下げられないて数字(50だっけ?)が設定されているようで、結局どんなに装備を集めても状態異常を食らってしまう確率が思った以上に高いってことで状態異常装備はゴミ!って話を聞きました。ってことで、状態異常装備はまぁ基本無視していいってのがボクの中での結論。


■唯一の問題点

結局ボクが遊んでいる時には改善できなかったんだけど、問題点は装備よりもむしろ敵対心の方だったね。各種行動マクロに敵対心装備を盛り込んだりと足掻いてみたんだけど、全く話にならなかった。ウチの場合は大人数攻略が多かったので、魔剣とナイトの併用もたまーにあったんだけど、そうなると、どーしてもここだけ圧倒的に差がでちゃうんだよね。ヘイトの稼ぎ方に問題があるのかもしれないけど、そうだとしてもナイトと同じやり方ではダメってことなんだよな。この辺りの行動を他の魔導剣士がどう対処しているのかは装備よりも非常に興味があるね。ちなみにSSのケルベロスの時はサポ戦士で試してみましたが、それでも微妙でした。サポ青でも試したかったけど時間切れで終了だったのが悔やまれる!

2016_02
27
(Sat)00:20

妥協する魔剣


前回のたるらいふ!!

ソロでマーリン取りに行こうかと思ったけど、そんな時間はなかった。
以上。


・・・・




そんな訳で、結局いつもの固定ライフです。

☆島ギアス イカちゃんドロップ品
20160226_235800.jpg
20160226_235758.jpg


ゴミオグメなんだが、防御だけの魔剣ならこれでも悪くないような。
命中が付いていればそっちの方が良いんだけど、まぁ無くてもいいかな。
どーせゴミ火力だし。


こーいう妥協の積み重ねが魔剣をダメにするんだよな・・・
まぁいいか!
2015_12
07
(Mon)18:30

悲報:魔導剣士解雇される

★ギアスCL140:Seiryu追試

20151206_234556.jpg

サポを何で行くか?戦士で挑発・ディフェンダーもいいし、青魔で魔法連打でヘイトをあげるのもいい。迷った末、コンバスターとフロッティのブレスカット二刀流(23%)を考慮してサポ忍で。今度は真面目に蝉回し。



対Seiryu装備

20151207_001620.jpg

詳細は書くまでもなく、AF2&3とお手軽装備。セイリュウはこれで装備は確定して良さそう。ブレス時には先日取ってき装備(頭&腰)に変更。風水士様の魔命ダウンと魔回避アップ補助もあって、麻痺やら静寂になることも殆どない快適な蝉ライフ。前回活動終了後にマクロを修正して望んだ甲斐もあって、被ダメージも安定し、ロックスタイル解除問題も解決。


今後の課題

唯一気になったのはタゲ保有率。アビやフラッシュに敵対装備を仕込み済みのナイト様にタゲが集中していたので、魔剣のタゲ保有率は体感10%あったかどうかの酷い有様。盾役が複数いる場合、一人のヘイトが抜けた場合にタゲが即相方へ移るという形が理想で、そうなれば互いが高い位置でヘイトをキープできるのがメリット。が、ボクの魔剣ではそれが出来なかった模様。この現状を考えると、やっぱり敵対装備は必要なのか!?ヒードヘッグでの醜態を考えると、うーん・・・





だがしかし、ここで重大発表が!!








「ナイトでも大丈夫だから、
           次回から黒魔で」





魔導剣士、終了!




2015_12
06
(Sun)19:15

魔導剣士反省会会場

ウォンテッドCL 135:Hidhaegg
20151206_124250.jpg


どうしてこうなった・・・


以下、反省会とオマケのセイリュウ

魔導剣士反省会会場 の続きを読む »

»